NO IMAGE

アルミ鍋、テフロン加工のフライパンを使うのは危険!!鉄鍋最強説

  • 2018年3月4日
  • 2018年3月4日
  • 未分類
  • 377view

みなさん、お家で料理される時はどんな調理器具使ってますか?

我が家はステンレス製の鍋を使ってます。

以前はアルミ鍋やテフロン加工のフライパンを使っていましたが、ある事を知ってから使うのをやめました。

それは、、、

アルミ鍋やテフロンは体にとっても有害なんです。

知ってましたか?それぞれの有害性について説明したいと思います。

アルミ鍋の有害性について

アルミ鍋って言われてもあまり、ピンとこない方もおられると思います。

例に挙げると、親子丼やカツ丼作るときに使う平たい取っ手が上に伸びた鍋ありますよね?あれが、アルミ製の調理器具です。

雪平鍋もアルミ製のお鍋です。

これの何が有害かというと、、、

調理中にアルミが溶け出してしまうんです。

かき混ぜたりしても削れたりして調理中の中に入っちゃうんですね〜、怖いですよね。

アルミの有害性

アルツハイマー病の原因であると以前メディアを賑わした事もありますが、因果関係はまだ解明されていないみたいです。

しかし、アルミニウムは体の中の必須ミネラルではないので、体内にはそもそも不要なものです。

神経などに障害がでるとも言われています。また、肝臓などに蓄積し、大切な栄養素を、蓄える邪魔をします。

そんな事から、体には不要なものです。わざわざアルミ鍋を使って料理に不要な添加物を入れたくないですよね。

ちなみに、海外ではアルミ鍋などを販売規制している国もあります。

さすが添加物大国日本といったとこでしょうか。(褒めてません(笑)

テフロン加工の危険性について

単刀直入にテフロンの危険性を伝えます。

「発がん作用」があります。

また、テフロン加工の際に接着剤を使うのですが、フライパンの表面温度が400度以上になると、接着剤が蒸発し有毒ガスが発生するみたいです。

よく、フライパンに

空焚き注意

などの表記があります。この有毒ガスが発生するからそんな注意書きがあるんですね。

さすがガン大国日本!(褒めてません(笑)

そんな理由から、我が家ではステンレス製の調理器具を使用しています。

でも、ステンレス製の調理器具にも危険が潜んでいます。

ステンレス製調理器具の注意点

ステンレス製の調理器具も注意点があります。

高温になると、六価クロムを生成するそうです。

「えっ?高温って何度??」

と思われた方多いと思います。我が家もステンレス鍋使っているので気になりました。

1000度以上だそうです。

食べ物が灰になっちゃう。(笑)

なので、普通に使ってる分には大丈夫みたいです。

それでも心配な方にオススメの調理器具があります。

そうです。

鉄鍋です。

鉄鍋は鉄分も摂れて有害物質もつかってないですし、なんたっていつも心配な

「強くこするとテフロン加工が取れちゃう」

って心配がないので、金タワシでゴシゴシいけます。

最強の調理器具です。

でも、安物の鉄鍋は焦げ付かないように樹脂加工されてる物もあるので、無加工の鉄鍋を使いましょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!